意匠調査の重要性


弊所では、意匠調査を行わせて頂いた場合、問題となる可能性があると思われる第三者の意匠権が見つかった際には、どの程度問題となるかについての簡単な評価及び対策についてのコメントをさせて頂きますので、その新しいデザインに関してどのように対応すべきかについての資料を入手することができます。


新しいデザインを創作された場合、先ず意匠権の取得を考えられると思います。確かに意匠権を取得しておくことは模倣品対策としては大変重要なことです。しかしながら、その新しいデザインとよく似たデザインが既に第三者によって意匠登録されていることも十分に考えられます。この場合、その新しいデザインを実施して新製品を市場に投入すると、前記第三者から意匠権侵害の警告を受ける可能性もあります。

完全な調査をすることはできませんが、一定の範囲でその新しいデザインと似たものが既に第三者によって意匠権が取得されていないかどうかについて意匠調査を行うことができます。


なお、意匠の場合には、意匠出願中のものは第三者はその内容を見ることができず、意匠登録されて意匠登録公報が発行されて初めて第三者がその内容を確認することができます。


新しいデザインを有する新製品を市場に投入される場合のリスクの低減のために、事前に意匠調査をされてはいかがでしょうか。この意匠調査をすることにより、ある程度意匠登録されるか否かの評価をすることができ、また問題となる第三者の意匠権を発見した場合には事前にデザインを変更することによってその第三者の意匠権を侵害しないような態様に変更する機会がもてるというメリットがあります。


売れてからでは遅い意匠権・特許権取得のタイミング
関連意匠制度を上手に用いた戦略的な意匠権の取得とは
◆アジア諸国の意匠制度の概要 ◆外国意匠(海外意匠)について


◆やってはいけない警告が来た場合の対応 ◆意匠調査の重要性 ◆意匠登録の業務の流れ
◆アジア諸国への進出における外国商標と外国意匠の重要性について
 ◆主要なアジア諸国の意匠制度の概要(DESIGN)

▲ページの先頭へ戻る